♪もん(C)日記♪
jerseyno2.exblog.jp

海外生まれ海外育ち♪    動物大好き ☆ サッカー大好き・背番号「22」のもん(c)&2匹のボーダーコリー 2008年2月25日生まれ★モモタロウ & 2008年7月2日生まれ★チェリーのブログ♪
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ボスが・・・
突然、昨日急変。
チアノーゼがすごくなって、休診日の病院で急患としてみてもらうことになりました!
家ではそんなにすごくなかったチアノーゼが・・・
病院に入ったとたん、立てなくなり、、舌が見る見るうちにどす黒い、紫色に変色。
呼吸もかなり苦しそうになり、、、
正直もん©はもう駄目かと思いました。

先生も結構あせってた様子。

ボスの様子がおかしくなったのは、夜中・・。
落ち着きがなく、ウロウロ、ウロウロ、寝なかった。
朝、お腹を触ったら張ってる感じだった。
そして、体温、39.9度。
呼吸、荒い。

Drに連絡をとって、とりあえず様子を見ることに。
(もん©が仕事のため・・・言葉の問題などがあって、、もん©の仕事が終わるまで様子を見てみることに。。)

夕方5時前にもん©ママから職場に℡が・・・。
ボスの様子が変・・・。
丁度、自分の担当DRの患者さんもいなかったため、、
早退させてもらい・・・・病院へGO!!
その時は、、あまり、綺麗な色の舌とはいえない状態だった。
でも、歩くことは出来た。

が・・病院に着いたとたん、急変。

Dr曰く、、ボスの肺には水が溜まり、、腹水も溜まってしまってる様子。
肺の音があまりにもうるさくて、心音が聴診器では全く聞き取れない。
とりあえず、利尿作用のある薬を注射。
そして、血液検査も同時に行った。

考えられる原因は2つ。
1つは、急性心不全
2つ目は、心臓の弁を支えてるパラシュートのようなヒモが突然切れて、心臓に問題が発生。

もし、2つ目だったら、何もすることが出来ない。
治療法はなし。
そして、これは最も恐れられてる、突然死の原因のひとつでもある。といわれた。

1つめだったら、投薬で心臓の機能を助けながら、、体内に溜まってしまった水を出すようにする・・・。それで様子を見る。

どちらにしても、肺があまりにもうるさくて判断できないので、、今は出来る限りのことをする・・・。
と言われ、、様子を見てみることに。

仮に、ボスが2つ目の原因で急変した場合、どのくらい生きられるのか・・・って聞いてみたら、、、
弁を支えてるヒモがどのくらい切れたかによる・・・。
場合によっては、一部分しか切れてない時もあり、その場合、即死ではなく、、、徐々に弱っていく・・・。とのこと。

とりあえず、出来ないことを考えるよりも出来ることをしよう、、、といわれ、やるだけのことをやってもらった。

45分ほどしてから、ボスの呼吸が落ち着いた・・・。
でも、舌の色は、決していいとは言えず、、真っ青。
それでも、落ち着いたみたいだから、、、、
これで、家で様子を見るようにといわれ、、ひとまず帰宅。
でも、点滴の針は確保しての帰宅。
移動はかなり心臓に負担がかかるから、、、これからは往診します!
といわれ・・・
家でもん©が注射、点滴を行うことになりました。

今は決していいとはいえ無いけど、、、、苦しんでる様子はなく、、、
落ち着きました。
これで回復してくれるといいんだけど・・・。
様子見です。

不思議と、ボスの体調が悪くなってから・・・
陸がおとなしく寝てくれてます。
何か察してるのかな!?
[PR]
by jersey-no2 | 2007-03-23 20:00